#えむけーろぐ

試される大地HOKKAIDOから多様性の街TOKYOへ

ポケットに手を突っ込んで歩いてはいけません

数少ない幼馴染*1のお母様が交通安全指導員だった影響で、僕は交通安全に対する意識が高い。麹町の某経営大学院前にある謎の短い横断歩道ですら、赤信号で渡るのを躊躇するレベルだ。いやアレは普通に渡ってたかも。一方通行だし。どうせ車来ないし。

そんな優良児の僕でもよく注意されていたのが、ポケットに手を突っ込んで歩くなということ。転んだ時に手を出すのが遅れて危ないから、という理由だ。寒いんだったら手袋をしなさい、だそう。それに、ポケットに手を突っ込んでいると、有事の際に銃を隠し持っていると誤解されてしまうかもしれない。

正直東京の寒さを舐めていた部分があって、この1週間はあまりの寒さに罪悪感を抱きながらも冷たい両手をポケットに突っ込んで歩いていた。特に朝とかめちゃくちゃ寒いし。これはいかんということで、今日は手袋を買った。ユニクロのヒートテックの手袋。タッチパネル対応で税抜990円。

www.uniqlo.com

これでポケットに手を入れずに済むし、急にスマホを触りたくなっても手袋をしたまま触ることが出来る。

ていうかまだ寒さのピークは来てないんだよな?こっちでも最低気温マイナス1度くらいはいくらしい。これは、コートの中に重ね着するウルトラライトダウンも買わないといけなくなるんだろうなあ。

*1:僕の生まれ育った北海道千歳市は自衛隊の街で小中学生の転校が非常に多く、仲良くなった人に限って転校する