#えむけーろぐ

試される大地HOKKAIDOから多様性の街TOKYOへ

嵐のドキュメンタリーがNetflixで配信される件

今朝、何気なくBulknewsを眺めていたら見つけたニュース。

av.watch.impress.co.jp

Netflixは、嵐が人気絶頂の中、なぜ活動休止という道を選んだのか? 5人のメンバーが休止までに掛ける想いや、揺れ動く想いを収めたオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」を12月31日から全世界独占配信する。2020年12月31日の活動休止までの姿を、毎月配信していく予定。

いや、マジですか。すごい時代だな。

一応僕にも、一般的な学校生活を送っていた時代が9年くらいはあったので、クラスの女子が嵐だのHey! Say! JUMPだので盛り上がっていたのを観測してはいた。真剣に追っかけていたことは特に無いけど、テレビや街で見聞きする曲の中には好きだなーと思うものがあった。その頃にはもうほとんどの曲をiTunes Storeで曲を買うようにしていたのに、ジャニーズはマトモな音楽ストアがどこも配信してないという問題があったので、わざわざTSUTAYAに出向きCDをレンタルしてiTunesに取り込み、iPodで聞く、なんて生活をしていたことだってある。あとTOKIOはめちゃくちゃ好きだったんだよな。こう書くとなんだか真人間っぽいな。

iTunesで曲を取り込んだ後、アルバムのアートワークを設定しなければいけないのだけど、とにかくGoogle画像検索しても出てこないこと。あったとしても超低解像度で使い物にならない。なぜなら、そう遠くない昔ジャニーズタレントの写真はネット掲載禁止だったからである。その徹底ぶりはネット民には逆におもしろがられていたり*1もしていた。ディズニーもビックリの厳しさである。

そうやってインターネットと距離を置いていたジャニーズも、2018年2月のネット写真解禁を皮切りに、今年の11月にはSNS解禁とApple Music上陸を果たしたりと、時代に合わせてきているなーという気がしていたが、まさかNetflixに上陸するとは。

この事実が示唆することとは一体何なのだろうか。ここでそれを深堀りするっていうことをしないから、僕はダメなんだろうな。