#えむけーろぐ

テキトーなことしか書いてません

半沢直樹

ついさっき放送された最終回を観た。おもしろかった。もう小学生くらいの頃にはテレビなんかよりインターネットのほうがおもしろいなーと思っていたので、そもそも人生で曜日時間指定でテレビの前に座って待機みたいなことをしたことがあまり無いのだけど、その価値があるくらいおもしろいなーと思った。まぁ相変わらずCMがウザすぎてイライラはしたけど、無料で観てるんだから仕方がないよね。SNSに広告が挟まってるのと一緒ですよ、はい。すいません。

www.tbs.co.jp

そもそも半沢直樹は気づいたら始まっていたというか、Twitterのタイムラインにいろんなキャプチャ画像が流れてきたのを見て「あ、新しいのやってるんか」と気づいたくらいで、その頃にはもう中盤に差し掛かった頃だった上、TVerやらNetflixやらでの配信はやらないという話だったので完全に乗り遅れ状態という感じだった。まぁ2013年の前作も名シーンは教養として知ってるくらいで観てなかったし。そんなんだったんだけど、残るは最終話のみというタイミングで突然の一週間限定配信。正直びっくりしたし、「おぉそれだったら観てやってもいいかな」なんて斜に構えていったらドハマリ。

そもそも配信やらないんだーって知ったのは、ググって出てきた以下の記事を読んだから。もちろんこれは制作陣がそう言っているのではなく、誰かが勝手にそういう予想をしたというだけ。

今回の「半沢直樹」はフル尺の見逃し配信を現在はやってない(ダイジェストと次回予告のみ)。テレビなんだから「リアルで見させる」ことにこだわっている。日曜夜9時に家でテレビで見るということにこだわって作られている気がする。

半沢直樹、いまどき見逃しフル配信をしない理由とは? 鈴木おさむが感じた制作側のこだわり (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット) 

正直これを読んだとき、「まったくもう時代が違うんだよ時代がぁぁぁぁ(大和田常務風」と思ったのだけど、でも今は当たり前となった見逃し配信をこんだけ力を入れて作った名作でやらないということは、たぶんそういうことなんだろうなぁと。

っていうふうに思ってた中での配信開始だったから、なんか色々思っちゃうわけですよね。「あ〜思ったより視聴率良くなかったのかな?」「いよいよテレビの時代もオワリかな?」とか。。

たまにTVerなりHuluなりでごはん作りながらスマホで月曜から夜ふかし見るとか、PC作業中にBGM代わりにかりそめ天国見るとかみたいな、そういうコンテンツの楽しみ方をしている身からすると、正直時間も曜日も決められて(基本は)テレビの前に張り付くことを求められ、さらにうるさいCMで番組も中断されるってありえないので、なんかもっといろいろ頑張ってほしいですね。

(なんかめっちゃ上から目線な文章になってしまった。。。)