#えむけーろぐ

北海道産

iOSで使うブラウザをChromeからSafariにした

今までiOSデバイスでは、macOSと同様にChromeを使っていたのだけど、Chromeをやめて標準のSafariを使うことにした。

理由はいろいろあるが、一番の理由はChromeから記事をShare Extensionを用いてシェアする時に、リンクしか渡してくれない事だ。

Webブラウザで今見ている記事をTwitterにシェアしたいとしよう。Safariだとこうなる。

f:id:mktakuyax:20181130134956j:image

一方Chromeだとこうなってしまう。

f:id:mktakuyax:20181130135014j:image

OGPタグ等のデータが適切に設定されているWebサイトなら、URLを貼っただけでTwitterがいい感じに解釈してリンクを使ってくれるが、そうでないWebサイトだと、単なるURLのみシェアする事になって、わかりにくい。

f:id:mktakuyax:20181202183137j:image

他にも、これはGoogleではなくiOSの問題だが、Safariならワンタップで開けるものをChromeだとわざわざ長押しして開かなきゃいけなかったり、Safari以外ではまだPWAが使えなかったりとか、いろいろある。なんだかんだ言って、デフォルトが最強なのだ。

Safariに乗り換えて3日くらい経つけど、今の所不便していないので、このままいっちゃおうと思う。なお、MacではふつうにChromeをデフォルトブラウザにしている。