#えむけーろぐ

試される大地HOKKAIDOから多様性の街TOKYOへ

PROCAでSNS名刺をつくった

はじめに

SNS名刺サービスのPROCAで名刺を作ったのでここにブログ記事を書く。

シンプル!かわいい!細長い!ショップカードにもなるプライベート名刺 PROCA

きっかけ

ちょっとしたイベントに参加する中で、名刺の必要性はなんとなく感じていた。

自分で作ったり、バイト先で名刺をもらったりしていた時はそれを使っていたのだけど、自分で作るのはダサくなりがちだし、バイト先の名刺だと個人情報多すぎな上辞めたら肩書やメールアドレスが変わってしまうしで、イベントで配るには向かないなぁと思っていた。

そんな中で、今週末YAPCに参加することだし、TwitterやWebサイトのURLくらいの情報が書かれた名刺でも作ろうかと思い立ったのであった。自分で作って印刷するのが一番早くて安いけど、時間もあるしオシャレなのがほしいしWebの名刺サービスでも使うことに。

ソーシャル名刺

ちょっとしたオフ会やイベントなんかで使うために、「ソーシャル名刺」だとか、「SNS名刺」といったものがあるようだ。ガチの名刺だと個人情報多すぎなので、TwitterやInstagramのアカウントとメールアドレスくらいを書いておくようなやつ。

前々からこういう言葉は知っていたのだけど、今回ブログを書くということでちゃんと定義をググってみたらそんなに出てこなかった。定義ではないけど、検索して出てきた中でいい感じに説明されている記事があったのでここに貼っておく。

d.hatena.ne.jp

PROCA

SNS名刺でググると一番上に出てきたサービスが、今回利用したPROCAだ。オシャレなトップページと、テンプレート自体のセンスが良く必要な情報だけ入力すればあとはいい感じにやってくれそうなUIがすごくよかったので利用させてもらうことにした。

トップページにいくつかテンプレートが出てきて、興味があるものをクリックしたり、テンプレートの下にタグがあるのでそれをクリックすると同じタグのついたテンプレートを一覧表示することが出来る。名刺はタテとヨコ、そしてスリム型の3種類から選ぶことが可能だ。

一応自分はプログラマーなので、プログラマー名刺の中から選ぶことにした。

f:id:mktakuyax:20190122103048p:plain

https://pro-ca.jp/product/allproduct/programming

できたもの

できたものはこれだ。ベースは「クールなナイトブルーで今宵もコーディングが止まらないプログラマー向けヨコ型名刺」で、写真を変えたり裏面に50枚入りで1800円、消費税と送料170円が加わって合計2114円だった。

f:id:mktakuyax:20190121173022j:plain

写真だと反射して文字が見にくいけど、肉眼だとそうでもないのでいい感じ。ゼロから自分で作るよりは絶対オシャレだと思う。

1月17日の12時ころに注文して、翌日18日の17時ころに発送完了の連絡が来たので、注文の処理も早いと思う。なお発送元は大阪だったので、僕のいる北海道に届いたのは昨日21日であった。

まとめ

とりあえず50枚注文したけど、なかなか良い感じだったので無くなったらまた注文しようと思う。

実は、他の名刺印刷サービスと比較して結構強気の価格設定だ。たとえばビスタプリントとかだと、100枚で980円だったりする。こっちは50枚で1800円なので約4倍。ただ、ビスタプリントはビジネス利用前提な感じで住所やら会社名やら電話番号やらを入力させようとしてきて、それに合わせて各テキストの配置も考え直さなきゃいけないと思うと使う気が失せた。最初からSNS名刺目的で用意されたテンプレートを利用して適当に情報入力すればあとはサービス側に全部任せられるという部分にお金を払っていると思えば、まぁ別に良いのかなとも思う。

名刺、良いですよ。ガチ名刺とは別に、1人1枚、ソーシャル名刺を作りましょう。