#えむけーろぐ

テキトーなことしか書いてません

新型コロナワクチン接種 1回目の記録(ファイザー)

2021年7月28日水曜日、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種 1回目を済ませてきた。ファイザー社製のワクチンで、医療機関による個別接種のキャンセル枠を確保しての接種だった。

数日前

市内の医療期間にて、不定期でキャンセル枠の開放を行っていることを知る。何故か枠の開放をTwitterでお知らせしてくれている人がいるので、その人をフォローしツイート通知を入れる。何度かチャレンジするも、予約画面にアクセスするともう捌けてしまっている、ということを2回ほど経験する。

その他にも色々と予約するルートはあるらしいが、「どうせ家で仕事してるだけだしそこまで必死に打ちたいわけでもないな」とスルー気味。

当日

朝、キャンセル枠開放ツイートの通知を受信。PCを立ち上げ予約画面にアクセスしたところ、その日の夜に合計30枠ほどの空きがあるのを確認した。無事に予約完了。3週間後の同曜日同時刻に2回目の予約もされていた。

予約が取れたあと、すぐに以下のものを注文した。ヨドバシドットコムは午前中に注文すれば当日に届くので便利。冷えピタと頭痛薬(ロキソニンSプレミアム)は常備してあった。

当日夜。退勤後にクリニックへ直行。前後の待ち時間含め45分程度で接種完了。15分の待機期間中特に問題はなかった。

夜、23時半頃に少しの頭痛。体温は平熱36.4度に対し36.8度と、普段の夜と変わらず。ワクチンを打った左腕が痛む。腕が上がらないほどでは無いが、左を下にして寝ると痛い、というレベル。

ロキソニンを飲んで就寝。

翌日

翌朝。腕の痛みが接種当日よりも強いがそれでも腕が上がらないほどではない。気合で上がるレベル。熱は36.3度と平熱。頭痛などなし。

昼過ぎ、仕事中に少しの頭痛。体温は37.2度と微熱。ロキソニンを飲み冷えピタを貼りながら業務を続ける。

退勤直前(18時過ぎ頃)、37.1度とまだ少し熱があるが頭痛は治まっている。

就寝前、23時頃には36.3度に下がる。腕は圧力が加わると痛いというくらい。

翌々日(今日)

今日の朝。体調は問題ない。熱は36.8度と朝にしては高い。腕は気合を入れなくても上がるが接種部位を押すと痛い。

その後14時、23時と熱が36.8度のままだが、それ以外の異常は無い。

このあと就寝予定だが、今日は左を下にして寝ても良さそうだ。

1回目 まとめ

体質なのか、ファイザー製だからなのか、副反応は周りで見聞きするほどのものではなかった。ただ2回目はヤバいらしいので、覚悟はしておいた方が良さそう。

2021年7月末時点で、職域接種を実施出来る企業に勤務していたり、優先接種の対象者だったりしない人がワクチンを接種するには、ある程度の情報収集力と時間が必要そうだ。

たまたま僕は当日朝に退勤後で十分間に合うような場所・時間帯での予約が出来たが、そうでない人の方が圧倒的に多いだろう。

そんな状況下で、「若者の行動が鍵だ」とか、「若者はなぜワクチンを打たないのか」とか言われても困る。そもそも通常のルート(自治体主導での接種)ではまだまだ若者は打てないのだから。

Twitterを見ていると、「ワクチン接種の遅れを反ワクチン運動や若者が打ちたがらないからではないということを発信し続けないと、政府やマスコミによってそういうことにされてしまう」という意見を見てなるほどなと思ったので、そういうコメントだけ残しておく。